なぜ中型フルカウル(Ninja250,CBR400R等)は売れているのに批判があるのか?


今大人気の250cc,400ccのフルカウルのバイクについて
語っていこうと思います。

なぜこんなに人気があるのか?
また同様に批判も多い中型クラスのフルカウル。
実際にninja400rを乗ったことがある自分が語っていきたいと思います。

スポンサードリンク

中型クラスのフルカウルスポーツバイク、
Ninja250/400,CBR250/400,YZF‐R25などですね。
今バイク業界のなかでは一番売れている車種たちです。

売れている車両だけに批判も多いイメージです。
なので今回はネットで騒がれているような噂を含め語っていきたいと思います。

人気の理由

人気の理由は前回の記事でも紹介しましたが、
まずは圧倒的な見た目のかっこよさですよね。

ws000240

上の記事にあるように、20代から30代に人気であり、
購入理由のほとんどが「見た目がかっこよかったから」なんですよね。

中型クラスのバイクは大型ほど野暮ったくなく、スタイリッシュ。
だから見た目だけで言うと大型よりもカッコいいイメージです。

なおかつ近未来的というか、最先端の見た目をしているので
最近の若い人には爆発的に売れたんですね。

批判の理由

批判の理由は何といってもエンジンでしょうね・・・。
ws000242「見た目はフルカウルのレーシーでSSっぽいのに、
2気筒だし、馬力めっちゃ低いやん!」
批判の理由はほとんがこれですね・・。

確かに昔からのバイク乗りからすると、
「この見た目でこのエンジンかい!」ってなるんですよ。

ひと昔前の250ccレプリカというと、
NSR250とかホントにドえらい速かった。

2stってこともありましたが、
それはもうめちゃくちゃ速かったんですね。

スポンサードリンク

それに音もレーサーチックでとてもかっこよかった。
今は2気筒なので「ブロロロロ」という耕運機みたいな音なんですよね。

日本は昔から4気筒のバイクが人気があり、
甲高い高回転型のエンジン音こそバイクだったんですよ。
なので批判している方たちはバイクは4気筒でしょ!
って方が多いですね。

結論から言うと今流行の2気筒エンジンは、
カタログ値で見ればはっきり言ってショボイんですよね。
カタログ値で見れば!ですけどね。

実際に乗ってみた感想

自分はNinja250とNinja400Rに知り合いのツテでしばらく乗っていました。
率直な感想を言うと「意外に速いやんけ!でも音は微妙やな!」です(笑)

速い!

まず意外に速いの部分ですが、
Ninja250/400Rともカタログ値では知っていたので、
大したものではないんだろうなという印象だったのですが、意外や意外。
アクセルのレスポンスも良く高回転まで結構あっという間に回る!

特に驚いたのはNinja250の方かな。
車体が軽いのもあり加速もスムーズだった印象。

逆に400Rは650の車体を使っているとかで、
重たい印象を受けました。
しかし高速時は安定するしそれはそれでよかった。

結論を言うと今のエンジンはカタログ値だけでは測れない・・・。
Ninja250とかだと馬力以上のパワーは出ている印象。
でもやっぱり音はマルチの方がいいかな。
あの見た目なら特に。

バイクはギアチェンジが(特に中型は)多いので
耳で楽しむものでもあると思うんですよ。
そういう面では2気筒はつまらない印象を受けた。

見た目はシャキーンとかっこいいのに、
耕運機の音じゃ・・ウーンっていう感じ。

燃費はいい!

個人的に一番驚いたのは、燃費の良さ。
レーシーな見た目とは裏腹にガソリンが全然減らない。
これも二気筒エンジンならではのことですね。

結論

・二気筒エンジン故に批判も多いが、
カタログ以上の加速や最高速なので十分楽しめる。
・エンジン音が静かな方がいい人には、全く問題ない。
・二気筒エンジン故に燃費も良い。

何回も言いますが、カタログ値以上の出来な気がする。・
買っても後悔はしないと思います。
加速も早いし楽しめるバイクなのは間違いないですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。