バイクのタイヤ基礎知識【種類・寿命・空気圧】


スポンサードリンク

 

バイクのタイヤの基礎知識についてまとめました。
タイヤは唯一道路と面している部分であり、ライダーの命を支えている消耗品です。
適切な時期に交換してあげないと、危険な目に合う可能性があります。
是非最後までご覧ください。

スポンサードリンク

 

タイヤは色々な種類がありますが、
一般の人がオンロードで主に使用するのはバイアスタイヤラジアルタイヤです。
※トレールや競技用はオフロード車に多いです。

上記の画像はバイクのタイヤの種類を表したものです。(全てではありません)
まず注目してもらいたいのは、溝の深さや多さ

スポーツラジアルは溝が浅めで数も少ないですよね。
逆にバイアスは溝も多く深めです。

これはそのまま特徴を表しており、
ラジアル系はグリップ力が強くスポーツ走行に向いています。
バイアス系は乗りやすさに重きを置いています。

また溝の数や深さは、水の排水性にも影響するので
ラジアル系は雨に弱く、バイアス系は雨に強い特長があります。

一般的に言われているラジアルタイヤ、バイアスタイヤとはタイヤの構造を指します。
トレッドの下の部分、タイヤの骨格にあたる部分(カーカス)は、
ナイロンベルト、ケブラーベルト、スティールベルトなどの素材を
糸のように巻いて構成されています。
この糸の巻き方の違いがバイアス、ラジアルの違いになります。

バイアスタイヤ

ラジアルタイヤより溝が多い傾向にあります。
バイアスタイヤが使われるバイクは、比較的小型のモデルや古いモデルが多く、
スポーツ走行を楽しむことより乗りやすさに重きを置いたタイヤです。

ハーレーダビットソンなどのアメリカンや、
スクーターなどはバイアスタイヤが多いです。

ラジアルタイヤ

ラジアルタイヤは、最近のバイクの主流であり、
各メーカーからハイグリップ系からツーリング向けまで
様々なタイプが販売されています。

最近のハイグリップタイヤは、高荷重設定が前提で作られているため、
荷重があまり与えられない公道で一般のライダーが走行した場合、
ツーリング向けのタイヤと比較して乗りにくく、遅くなることもあります。

主にスポーツ系のバイクに使われることが多いです。
高速時での安定したグリップ力が特徴ですが、雨天時は滑りやすいので注意が必要です。

タイヤ表記の見方

①タイヤ幅
120㎜のこと
②扁平率
タイヤ高÷タイヤ幅×100
③リム径
リム径=インチ。ここが合っていないとタイヤは付けられない
④荷重指数
最大負荷指数を表した数値
⑤速度記号
そのタイヤが出せる最大速度を表す


また画像にはありませんが、「1016」というような数字4桁の表示は製造年月日になります。
1016は、2016年10週目という意味になります。

タイヤ交換の際は、上記に気を付けて新しいタイヤを選びましょう。

空気圧

バイクのタイヤには、車種ごとに適正な空気を入れてあげる必要があります。
多かったり少なかったりすると、様々な弊害を起こします。


<空気が多い場合>
・道路で跳ねるようになる。(タイヤに亀裂や損傷の可能性)
・路面との接地面積が減少し、グリップ力低下。
・接地面積が減少=ブレーキで止まりにくくなる。
・タイヤの摩耗が中央に偏る
<少ない場合>
・路面抵抗が増え、燃費が悪くなる。
・路面グリップ力が低下し、転倒の恐れ。
・タイヤの摩耗が両端に偏る。
・タイヤ内部で発熱が大きくなり、破裂する恐れ。


空気圧は、kPa(キロパスカル)で表します。kgf(キロ)と言ったりもします。
上の画像の場合、前輪は125キロパスカル。1.25キロということです。

上記のようなシールがバイクには必ず張っております。
(車体本体、フレーム、メットイン等々)

バイクによって様々なので分からない人は、
自分のバイクをよく確認してみましょう。

空気圧の適正(目安)

空気圧は車種によって様々であり、
シチュエーション(高速、サーキット、オフロード等々)によっても違います。
下の表は平均的な数値であり、あくまで参考程度にしてください。

空気圧適正表
車種 前輪 後輪
原付(~50㏄) 150kpa
(1.50kg)
175kpa
(1.75kgf)
原付2(~125㏄) 175kpa
(1.75kgf)
200kpa
(2.00kgf)
250㏄~400㏄ 225kpa
(2.25kgf)
250kpa
(2.50kgf)
大型 250kpa
(2.50kgf)
290kpa
(2.90kgf)

※一人乗りを想定しています(二人乗りの場合は、気持ち高めで)
※あくまで平均的な数値です。
正しくはバイク本体のシールや、取扱説明書を読んでください。

測定頻度・場所

<頻度>
空気圧は、日々の走行で減ることはもちろん、
気温の変化などでも上下します。

なので1ヵ月に一回はチェックしましょう。
1ヵ月に一回チェックすることにより、
タイヤのパンクや空気漏れなどのチェックにもなります。

<場所>
・ガソリンスタンド
・バイクショップ

主にガソリンスタンドで空気圧を見ることが多いと思います。

ガソリンスタンド内にこういう空気入れがあるので
積極的に活用しましょう。

バイク側のキャップを取り、空気入れの先端を入れてあげるだけです。
もし使い方が分からなかったら店員さんに聞いてみましょう。

タイヤの寿命

タイヤは日々消耗するので交換が必要です。
日々のバイクの使い方が人それぞれなので、一概には言えませんが
耐用年数か走行距離から判断出来ます。

年数

一般的に約3年が交換時期と言われています。

走行距離が少なく溝が残っている場合でも、
タイヤはゴムなので表面が硬化してきます。

硬化したタイヤは、ひび割れて破裂する可能性や
グリップ力の低下の可能性があります。

また耐用年数は保管環境によっても異なり、
屋外で保管(日光や雨に当たり続けている)しているバイクのタイヤは、
耐用年数が短くなるので注意が必要です。

走行距離

走行距離は、タイヤの種類や使用方法で大きく異なります。
下の表はあくまで参考です。
自分のバイクの状況を見て判断してください。

使用方法 走行距離
一般使用(通勤・通学) 約2万~2万5,000キロ
峠・サーキット 約5000~7000キロ
ロングツーリング 約1万~1万2,000キロ
ハイグリップタイヤ 約3000~5000キロ

交換時期

上の画像の△マークが分かるでしょうか?
これはスリップサインといい、タイヤの交換時期を表すものです。

このスリップサインの先にある突起が、溝と同じ高さになったら交換のサインです。
左〇がスリップサイン、右〇が溝内の突起。


<まとめ>
タイヤはバイク乗りにとって命を預けている部品でもあります。
1か月に一回は空気圧のチェックをして、状態を見ることを忘れないでください。

またスリップサインや3年以上のタイヤも即変えてあげましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。