初心者の初めてのバイク選び!おすすめやバイクの種類などを解説!


スポンサードリンク

初めてのバイク選びに役立つように、
【バイクの種類や特徴】【排気量別のおすすめ車種】などをまとめました。

バイク初心者の方は是非参考にしてください。

スポンサードリンク

「色々バイクがあるけど、どれがいいですかね?」

バイク選びで悩んでいる人はよく言うのですが、
結論から言うと「自分が惚れたバイクに乗れ!」です。

人の意見やネットの評判で、自分が乗りたいバイクを変えるのか?
バイクに乗りたいと思ったとき、憧れていたバイクが必ずあったはずです。

「400cc以上は車検あるし・・・」
「周りはこっちを勧めるから」
「ネットじゃ評判が良くないから・・」

こんな理由で妥協すると絶対後悔します。

ネットの意見や周りの意見なんて気にするな!が大事です(笑)

 

妥協して買ったバイクは、
なにかあるたびに「あっちにしとけばよかったなー」なんて考えてしまうんです。

つまらないバイク生活になってしまいますよ?
まずは乗りたいバイクに乗ってください!

排気量別おすすめ

分かりやすいように排気量別に人気おすすめ車種をまとめました!
下のボタンからご覧ください!

 250㏄おすすめ!

 

 400㏄おすすめ!

 

 大型おすすめ!

バイクの種類

バイクって実は各々見た目も性格も全然違うんですよ!
どのバイクが自分の好みか絞れるはずです。

仕事柄どのバイクにも乗ったことがあるので、
体験を踏まえて紹介しようと思います。

ネイキッド

英語のネイキッド(裸)の通りエンジンが丸見えになっているバイク。
日本では一番親しまれている形のバイクといってもいいくらいです。

教習所で使われているのもネイキッドの「CB400SF」ですよね。

「初心者はネイキッドに乗っておけば間違いない」と言われるくらい、
ライディングポジションに優れハンドル操作もしやすいバイクです。

エンジンの運動性能も高いのが多く、
車種によってはSSと一緒にサーキットで活躍出来ます。

メリット
・バイクの車体は大きくかっこよい。
・足つきもよく運転姿勢もまったく疲れない。
・街乗りからロングツーリング、サーキットまでもこなせる超万能タイプ。
・余計なものが付いていないため整備はしやすい。
デメリット
・カウルがないため100km以上となると風がしんどい。
・最もポピュラーな形のため人とかぶる。

<人気車種>
カワサキ:「バリオスⅡ」「ZRXⅡ」「ゼファー400」「ZRX1200」
ホンダ:「ホーネット250」「VTR」「CB400SF/SB」「CB1300SF/SB」
ヤマハ:「XJR400」「XJR1300」
スズキ:「バンディット250」「インパルス」「バンディット1250」
ドゥカティ:「モンスター」

ストリートファイター

SS(スーパースポーツ)のカウルなどを取り除き、
ネイキッドとSSを混ぜたようなバイク。

近年になってヨーロッパで人気が広がり、
日本でも「ストファイ」と呼ばれ、新たなブームになっている。

特徴は異形ヘッドライトや二眼ヘッドライトとバーハンドル。
攻撃的で凶暴な外見となっている。

スズキのGSRシリーズは、250cc,400cc,750ccとラインナップも豊富。
また750ccのエンジンは、GSX-R750のエンジンを街乗り用に低速域を広げている。
SSのエンジンだが非常に乗りやすい。

SSとネイキッドのいいとこ取りなのです。

メリット
・SSのエンジンや足回りが使われていることが多く、
そのためネイキッドよりスポーツ性は高く、なおかつ運転しやすい。
・日本ではまだ馴染みが薄いため珍しい。
・カスタムによっては、より自分好みのバイクに出来る。
デメリット
・異型ヘッドライトは、人によって好き嫌いがある。

<人気車種>
カワサキ:「z1000/800」
ホンダ:「CB1000R」
ヤマハ:「MT-09/07」「FZ1」
スズキ:「グラディウス400」「GSR750/400」
ドゥカティ「ストリートファイター」

アドベンチャー

こちらもストファイと同時期に人気になって近年出来たジャンル。

アドベンチャー(=冒険)の通り400cc以上の大排気量で、
長距離ツーリングに適したモデルが多い。

積載性に優れ、左右にサイドケースなどをつけられる。
二気筒エンジンが多く、トルクフルで乗りやすい。

キャンプ用品など持ってツーリングに行きたい!って人には一番のおすすめ。

メリット
・長距離ツーリングに優れた積載性。
・長く乗っていても疲れない楽なポジション。
・車体も軽く燃費も良い車種が多い。
デメリット
・サイドカウルなどついているため整備面は悪い。
・車種によっては車高が高く取り回しが大変。

<人気車種>
カワサキ:「ヴェルシス」
ホンダ:「400X」「NC700X」
ヤマハ:「TDM900」
スズキ:「Vストローム650/1000」
BMW:「R1200GS」

SS(スーパースポーツ)

通称レーサーレプリカです。
その名の通りプロレーサーが使っているフルカウルの形をしたバイク。

バイクを最も早く走らせるための設計で作られており、
峠やサーキットを攻めたいライダー向け。

見た目のスタイリングがかっこいいだけでなく、
姿勢も前傾になり、ステップ(足)の位置も後ろめ。
エンジンや足回りも市販車の中では最強クラスが用いられる。

バイク初めての人に勧められるか?と言われると、
前傾姿勢や車体の扱いに慣れるまでは大変。

初心者が乗れないことはないが、
サーキットをバリバリ攻めたい人向けであることは確かだと思う。

また最近は中型クラスのフルカウルが大人気であるが、
そちらは見た目だけレプリカ(エンジンは初心者向け)なので、
姿勢等に慣れるために、まずはそちらから入ってもいいと思われる。

メリット
・フルカウルなのに車重が軽く、加速も爆発的に速い。
・前傾姿勢も手伝ってコーナーを攻めやすい。
・カウルのおかげで高速域の空気抵抗も感じない。
・最新鋭の電子システムや、装備などが施されている。
デメリット
・姿勢がつらい為、ロングツーリングなどには向かない。
・積載性は皆無である。
・フルカウルなため整備面は悪い。
・バイク自体が高価である。

<人気車種>
カワサキ:「ZX-6R/10R」
ホンダ:「CBR1000RR/600RR」
ヤマハ:「YZF-R1/R6」
スズキ:「GSX-R1000/R750」
BMW:「S1000RR」
APRILLA(アプリリア):「RS4 125」

ツアラー

同じフルカウルなのでSSと思いがちだが、バイクが作られた目的が全く違う。

サーキットなどを速くするために作られたSSに比べ、
長距離を走るために、大排気量で重くどっしりとしたのがツアラー。

またバーハンドルが多く姿勢も楽。
メーカー純正のパニアケースがついているのもある。

初めての方でも乗れるだろうが、車重や取り回しには注意。
またタンデムも快適なので二人でツーリングする方には最適だと思う。

メリット
・重く安定性を重視しているため、長距離ツーリングは快適。
・フルカウル+大きめのウインドスクリーンで風の抵抗も受けずらい。
・大排気量の車種が多く、加速や最高速もトップクラス。
デメリット
・力がない女性ライダー等には扱うのは難しい。
・バイク自体が高価である。
・フルカウルなため整備面は悪い。
・長距離ツーリングは快適だが、他の用途に多用は出来ない。

<人気車種>
カワサキ:「ZZR1400」「ZX-14R」
ホンダ:「VFR800」「CBR1100XX」
ヤマハ:「FZ1フェザー」「FJR1300」
スズキ:「GSX1300Rハヤブサ(隼)」「バンディット1250F」

アメリカン

100年以上の歴史を持ちスポーツバイクと二分している人気を持つのがアメリカン。

アメリカという長い大陸を横断するために作られたもので、
コーナーを曲がることよりも、安定した直進性の作り。

名前の通りアメリカで生まれ、その人気はアメリカだけに留まらず、
日本メーカーですら出しているほど。

特徴は、車高が低く足つきが良く、ゆったりとした乗車姿勢と高いハンドル位置。

「ドッドッド」という重低音のV型2気筒エンジンが多い。

アメリカンが好きではない人も乗れば気持ちよくてはまるはず!
初めてのバイクにもおすすめであり、足つきがよいので女性ライダーにも人気です。

日本メーカーのアメリカンもいいが、個人的にはこのジャンルに
乗るならぜひハーレーに乗って欲しい!

メリット
・足つきが良くゆったりとした乗車姿勢。そのため女性ライダーも多い。
・カスタムも盛んで独自のバイクを作れる。
・アメリカン独特の重低音は他にはない。
デメリット
・趣味性のバイクなため高価である。
・コーナーが多い峠道などでは乗りずらい。
・車重は重いものが多く、降りた際の取り回しは慣れるまで大変。

<人気車種>
カワサキ:「エリミネーター250」「バルカン400/900」
ホンダ:「マグナ」「シャドウ」
ヤマハ:「ドラッグスター250/400」「V-MAX」
スズキ:「イントルーダー400」「ブルーバード400」
HARLEY-DSVIDSON(ハーレーダビッドソン)全般

ストリート

その名の通り街乗りで楽しいバイクがこちらのストリート。

特徴は126cc~250ccの小排気量単気筒がメインで、
適度なパワーとファッション性が持ち味。

250cc未満のため車検も不要であり、
通勤や街乗りとして気軽に楽しめるバイク。

カスタムパーツなども豊富。
軽量な車種が多く、取り回しも楽なので初心者におすすめ。

メリット
・バイク自体が軽い。適度なパワーで楽しい。
・カスタムパーツも豊富で自分色に染められる。
・消耗品も安く整備などもしやすい。
デメリット
・主に街乗使用のためツーリングなどには向かない。

<人気車種>
カワサキ:「250TR」
ホンダ:「FTR223」
ヤマハ:「TW225」
スズキ:「グラストラッカー」

クラシック

イギリスの古き良きバイクを手本とした、シンプルなバイクがクラシック。
オールドルックとも呼ばれる。

エンジンのパワーよりも車体の造形美や、
エンジンの鼓動などの感性に重きを置いている。

一言で言えばとてもおしゃれなバイク!
バイクをファッションとして考える人には最適。

見た目はネイキッドに似ているが、
単気筒や2気筒のエンジンが多く、ネイキッドによく使われる4気筒とは異なる。

メリット
・他にはない唯一のオールドルックスタイル。
・単気筒や2気筒なので乗りやすい。
デメリット
・最高速や加速といったものは求められない。

<人気車種>
カワサキ:「エストレヤ」「W800/600」
ヤマハ:「SR400」

オフロード

文字通り「未舗装」の場所を走るために作られたバイク。
特徴は車幅が細く、車体が軽く、丈夫なこと。

車高も高くサスペンションのストロークも長め。
山などを走れる唯一のバイク。

練習次第ではバイクを自在に乗り回すことが可能。

最近はオフロード車のタイヤを、オンロード用に履き替え、街乗りで乗っている人も多い。
個人的にはオフロード車は山下りが真価を発揮するバイクだと思う。
一回乗れば楽しくて一台は欲しくなるバイク。

バイク好きにもオフロードは経験がない方が多いが、実にもったいないと思う。
やったことないかたは是非一度乗ってみよう。

メリット
・車重が軽く丈夫。
・タイヤを履き替えればオンロードでも優秀。
デメリット
・車高が高いものが多く、慣れるまで大変。
・車体が軽いので加速は速いが、最高速は伸びない。

<人気車種>
カワサキ:「Dトラッカー」
ホンダ:「CRF250L」「XR250」
ヤマハ:「WR250R」「セロー250」
スズキ:「ジェベル250」「DR-Z400SM」

スクーター(ビッグ・原付)

街乗りや通勤最強とも言われるのがスクーターです。

バイクの中では唯一のATであり、操作性に優れています。

また125cc以上のスクーターはビッグスクーターと呼ばれ、
積載性やタンデムにも優れツーリングもこなせます。

スクーターに乗ったことある人は多いかと思いますが、
特徴はなんといっても操作が楽で気軽に乗れること。

メットインの中も広く通勤に使っている人が多いですね。
ツーリング目的で買う人は少ないですが、
ビッグスクーターともなれば全然こなせるので、楽に旅したい方にもおすすめ。

メリット
・ATで操作性に優れ、街乗りでは最強。
・積載量も多く通勤通学に使える。
・125cc以下のスクーターであれば、維持費も安く二台持ちも可能。
デメリット
・MT操作好きにはつまらない。
・ビッグスクーターでないと、ツーリングなどは厳しい。
・盗難の危険も高い。

<人気車種>
50cc:「ビーノ」「DIO」「アドレス50」
125cc:「PCX125」「シグナス125」「アドレスV125」
250cc~:「マグザム」「マジェスティ」「フォルツァ」「TMAX550」


自分好みのバイクは見つかりましたか?
こんな種類のバイクがあるんだと参考になってくれたら嬉しいです。

多種多様なものがあるところもバイクの良さですよね(^^)/
ぜひ自分の好きなバイクを見つけてください!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。