【車検無し】250㏄人気おすすめランキング【最新版】


スポンサードリンク

普通自動二輪(中型)免許で乗れる250㏄クラスの人気おすすめ車種をまとめました。

旧型~現行モデルまで!これから250㏄を買う方はぜひ参考にしてください!

スポンサードリンク

・高速に乗れるようになる。
・通勤~ちょっとしたツーリングなら難なくこなせる。
・車体も比較的軽く、パワーも控えめなので初心者や女性にもお勧めできる。
・車検がない(手間がかからない)
・車検がないため、乗り出し価格等も比較的安い(経済的)

250㏄のデメリット

・長距離ツーリングになればなるほど、パワー不足を感じる。
・車体が軽い=高速時などは風の影響を受け不安定。
・車検がないため中古市場では、整備されていない粗悪品もある。
・車体購入価格や、整備費、保険費などは400㏄とさほど変わらない


250㏄の魅力は、普段使いの勝手の良さですね。
毎日の通勤・通学はもちろん、高速に乗れるので休日にツーリングに行くことも可能です。

ここ最近のバイク市場の中では、一番人気があるといっても過言ではありません。

初心者や女性の方は、250㏄でバイクデビューし、400㏄または大型クラスにステップアップしていくのもいいでしょう。

では早速、種類別におすすめ車両をご紹介します!
旧型~現行モデルまで特長を踏まえて説明します。
現行モデルがある場合は(現行モデルあり)の表記があります。

フルカウルスポーツ

・CBR250R/ホンダ(現行モデルあり)

総排気量 249㏄
エンジン 水冷4スト単気筒
燃費 50.1km/L
馬力 29
車重 164kg

CBR250Rのために作られた新型エンジンを備え、単気筒ということもあり、
50.1km/Lという驚異的な燃費の良さが特徴です。

29馬力は少し低いように思えるが、実際乗ってみるとスペック以上の走りをしてくれると評判。
ライバル(Ninja250.YZF-R25.GSX-250R)と比べ値段も安いのも嬉しいところ。


<2017年5月12日に新型CBR250RR>

総排気量 249㏄
エンジン 水冷直列2気筒
燃費 40.1km/L
タンク容量 14L
馬力 38
車重 165kg
シート高 790mm

2017年5月12日発売予定です。
詳しくはこちら

大幅にスペックが向上していますね。新設計の直列2気筒エンジンになっています。
馬力も大幅にアップしており、同じクラスのフルカウルスポーツではトップです。
見た目も近未来的でかなりかっこよくなっています。


・Ninja250/カワサキ(現行モデルあり)

総排気量 248㏄
エンジン 水冷並列2気筒
燃費 40km/L
馬力 31
車重 172kg

前モデルのNinja250Rが2008年にデビューして以来、
月間売上が1位をキープし続けているほど、売れているがNinja250シリーズ。
ツインエンジンながら高回転の伸びもよく、
最高31馬力は驚きの加速とクラストップの最高速を出す。
もちろん標準域の低中速も安定のトルクがあり、街中でもストレスフリー。

見た目のカッコよさも相まって若い世代に人気がある。


・YZF-R25/ヤマハ(現行モデルあり)

総排気量 249㏄
エンジン 水冷直列2気筒
燃費 33.5km/L
馬力 36
車重 166kg

Ninja250やCBR250Rのライバル車として、2014年にヤマハから発売されたYZF-R25。
兄貴分である、YZF-R1やYZF-R6譲りのスポーティーな見た目はカッコいいの一言。
しかし乗りやすいように、ハンドルも高めでシートも低く設定出来るなど、
250㏄ならではの、普段使いに配慮している。

もちろん走りの性能も高く、36馬力はNinja250すらも上回る。


・GSX-250R/スズキ(現行モデルあり)

総排気量 248㏄
エンジン 水冷並列2気筒
燃費 41.0km/L
馬力 24
車重 178kg

上記3車種のライバル車として2017年3月にスズキから発売されたのがGSX-250R。
既にリリースされていたGSR250のエンジンを改良し、低中速のトルクを強化
上記3車種より街中などでの使用は、快適だろう。

他にも新型スパークプラグの採用や、前後サスペンションの専用設定、軽量ホイールなどスズキの本気度がうかがえる。
カタログ以上の走りが出来ると評判。


<フルカウルスポーツのまとめ>

2017年の3月をもって、国内4メーカーからフルカウル250㏄が出そろいましたね。
250㏄フルカウルは今バイク市場の中では一番熱いですね。

どれを選ぶか迷ったなら一番好きな見た目がいいですよ。

ネイキッド

・ホーネット250/ホンダ

総排気量 249㏄
エンジン 水冷並列4気筒
燃費 32km/L
馬力 40
車重 166kg

ホンダが産んだ250㏄スポーツネイキッドの一番人気車種
2006年に生産終了されたものの、未だにファンは多く中古市場も値上がりっぱなし。
(250㏄4気筒が現行モデルにないというのもあるが・・。)

カムギアトレーンの音は乗る者を魅了し、
大型クラスのリアタイヤは、カッコよく安定した走りをしてくれる。

18000rpmまで回せる超高回転型のエンジンは、400㏄に負けない走りをする。
10年前のバイクだが、今からでも十分乗る価値はある。
人気があり玉数が多いのも嬉しいところ。


・バリオスⅡ/カワサキ

総排気量 249㏄
エンジン 水冷並列4気筒
燃費 31km/L
馬力 40
車重 151kg

排ガス規制のため2007年に生産終了されたが、ホーネット250同様今も人気が絶えない。
17000rpmまで回せる高回転型のエンジンで、走りを重視したハードな乗り心地。
しかし高めのハンドルと、シート高も低めなので初心者にもお勧めできる車両。

Ⅰ型は年数的によい物が残っていないので、Ⅱ型がおすすめである。


・バンディット250/スズキ

総排気量 249㏄
エンジン 水冷並列4気筒
燃費 41km/L
馬力 40
車重 146kg

スズキのロングセラーのバンディットシリーズの一番下にあたる兄弟。
バリオスやホーネットと比べると今いち人気は負けるが、
エンジン性能も負けておらず、パイプフレームが特徴的なデザインはかっこよい。

高回転型のエンジンは、軽量な車体と相まって伸びの良い加速をしてくれる。

玉数は少ないが、選ぶなら(古い車種なので)後期型がおすすめである。


・GSX250FX/スズキ

総排気量 249㏄
エンジン 水冷並列4気筒
燃費 31km/L
馬力 40
車重 151kg

スズキから販売されたものだが、実は中身はバリオスⅡと全く一緒。
(当時カワサキがスズキに供給していた)

バリオスとの変更点はスズキのロゴマークくらいである。
人と被りたくない人は積極的にこちらにするのもあり!


・VTR(現行モデルあり)
・VTR F/ホンダ

総排気量 249㏄
エンジン 水冷V型2気筒
燃費 40km/L
馬力 30
車重 160kg

1998年にデビューしロングセラーとなっているVTR250。
水冷V型2気筒エンジンは、低~中速に強く軽い車体と相まって上質な走りをする。

取り回しも楽で、オシャレな見た目は女性ライダーにも人気が高い。
よりツーリング仕様のVTR Fもラインナップされている。


・MT-25/ヤマハ(現行モデルあり)

総排気量 249㏄
エンジン 水冷直列2気筒
燃費 33.5km/L
馬力 36
車重 165kg

大型クラスで大人気のMT-07の弟分。
MTシリーズのシャープでスタイリッシュな見た目を受け継ぎつつ、
YZF-R25のエンジンを採用している。

車体も軽く、軽やかな走りをする。
街乗りからツーリングまでこなしてくれる一台であることは間違いなし。


・GSR250/スズキ(現行モデルあり)

総排気量 248㏄
エンジン 水冷並列2気筒
燃費 40km/L
馬力 24
車重 183kg

GSRシリーズの末弟にあたる。
上の兄弟と比べるとエンジン性能は大人しめだが、
GSR250のために作られたこのエンジンは、通常域での使いやすさを重視した。

今風のストファイ系の見た目と燃費の良さなどから海外での人気も高い


・Z250/カワサキ

総排気量 248㏄
エンジン 水冷並列2気筒
燃費 38km/L
馬力 31
車重 158kg

ネイキッドというよりストリートファイターに属する。
一目でZシリーズと分かるほどの筋肉質でワイルドな見た目
また高回転まで一気に吹け上がるパラレルツインエンジンが人気。

海外での人気も高く、ストファイ系が好きな人にはお勧めできる!


・CB250F/ホンダ(現行モデルあり)

総排気量 249㏄
エンジン 水冷4スト単気筒
燃費 50.1km/L
馬力 29
車重 158kg

2014年に発売したばかりで、CBR250Rの派生車種である。
CBR250Rをネイキッドにしたものであり、主な変更点は以下である。
・カウルの除去
・ハンドル位置の高さ変更(上方)
・タコメーターをバーグラフに変更

CBR250Rに乗りたいけどフルカウルに抵抗がある人はこちらにしよう。


・ジクサー150/スズキ(現行モデルあり)

総排気量 154㏄
エンジン 空冷4スト単気筒
燃費 58.8km/L
馬力 14
車重 135kg

SCEと呼ばれる新型低燃費エンジンを搭載した
2017年に発売されたばかりのスズキの新作。

コンパクトなボディに154㏄という手ごろなパワーは、操作が楽しくてしょうがない。
毎日乗れる手ごろなネイキッドであり、個人的には一台欲しいバイクです。


<ネイキッドまとめ>

旧型の4気筒エンジンか、現行の2気筒エンジンか迷いどころですね。
個人的には今しか乗れない250㏄4気筒エンジンに乗るのもありだと思いますね。
(時代的にも250㏄4気筒はもう作られないのでね・・。)
高回転型のエンジンは、ホントに楽しいですよ!

アメリカン

ネイキッドなどのスポーツ系と人気を二分するアメリカンタイプ。
別記事にまとめたので下のボタンからご覧ください!

 アメリカンはこちら!

クラシック

・エストレア/カワサキ(現行モデルあり)

総排気量 249㏄
エンジン 空冷4スト単気筒
燃費 39km/L
馬力 18
車重 161kg

1992年のデビューから続くロングセラー車種。
英国風の懐古調デザインは、万人受けし幅広い世代に愛されている。
高速走行というより、純粋に走る楽しさを教えてくれる。

これまでに様々なタイプがラインナップされており(RS,RSカスタムなど)
2006年モデルからはフューエルインジェクションが採用されるなど
見た目のレトロ感と違い進化し続けている。


・ST250/スズキ(現行モデルあり)

総排気量 249㏄
エンジン 空冷4スト単気筒
燃費 48km/L
馬力 19
車重 146kg

2003年に前モデル「ボルティー」の後継車種として発売されて以降、
オールドルックな見た目と日常的に乗りやすいエンジン性能で人気を得ている。
比較的リーズナブルな値段も高評価である。

より豪華なEタイプ(各所メッキ加工、キック始動併設、エンブレム追加など)もラインナップされている。


・CB223S/ホンダ

総排気量 223㏄
エンジン 空冷4スト単気筒
燃費 41km/L
馬力 16
車重 135kg

FTR223と同様の軽量コンパクトな223㏄空冷単気筒を搭載し、日常域での使いやすさを重視している。
スリムなボディと相まって使い勝手は抜群に良い。

FTR223と同時に2016年、生産終了が決まってしまった。
ホンダのクラシックが乗りたい人は早めに買うことをお勧めする。

ストリート

・グラストラッカー(現行モデルあり)
・グラストラッカー ビッグボーイ(現行モデルあり)/スズキ

総排気量 249㏄
エンジン 空冷4スト単気筒
燃費 48km/L
馬力 19
車重 136kg

2000年に発売して以来未だに現行モデルもあるストリート系の人気車種。
ST250と同じエンジンを用いた兄弟車でもある。

250㏄の中では小柄な車体であり、バイクとしてのバランスも良い。
そのため力がない人や、背が低い人でも容易に扱える

グラストラッカーを一回りほど大きくした、「ビッグボーイ」もラインナップされておりこちらも人気がある。
主な変更点は以下である。
・タイヤ径の拡大
・フロントフォークとスイングアームの延長
・ワイドハンドル


・FTR223/ホンダ

総排気量 223㏄
エンジン 空冷4スト単気筒
燃費 43km/L
馬力 16
車重 128kg

元々はフラットトラックレース(ダートレース)のために生まれた車種である。
FTRはその頭文字をとったもの。

発売当初は人気がなかったが、レースが人気を得るにつれてFTRの人気も高まっていった。
ヤマハのTW200のライバル車であり、カスタムベース車として今も人気がある。


・TW225E/ヤマハ

総排気量 223㏄
エンジン 空冷4スト単気筒
燃費 50km/L
馬力 18
車重 127kg

オフロード車として発売されたTWシリーズだが、
最大の特徴である幅太タイヤが若者にうけ、
「ティーダブ」の愛称で親しまれ、今ではストリートカスタムの大人気車種となっている。

前モデルのTW200も中古市場では未だに人気が高い。

オフロード

・セロー250/ヤマハ(現行モデルあり)

総排気量 249㏄
エンジン 空冷4スト単気筒
燃費 40km/L
馬力 18
車重 130kg

1985年デビュー以来のロングセラー車種。
オフロード車の先駆者と言っても過言ではない。

軽い車体で足つきもよく、低速から高トルクを発揮する。
ハンドルの切れ角もよくUターンなどもしやすい。

初心者から熟練者まで楽しめるマウンテントレール車。


・CRF250L/ホンダ

総排気量 249㏄
エンジン 空冷4スト単気筒
燃費 41km/L
馬力 23
車重 143kg

ホンダのオフロード車として名高いのがCRシリーズ。
様々なタイプや排気量がラインナップされており、
競技用専用車や公道走行可など様々に分かれている。

CRF250Lは公道走行可能で競技用モデルとの関連はあまりない。
CBR250Rと同じエンジンをもった新設計のバイク。
「オンを便利に、オフを楽しむ、ちょうどいい相棒」がコンセプトテーマである。


・DトラッカーX/カワサキ

総排気量 249㏄
エンジン 空冷4スト単気筒
燃費 40km/L
馬力 24
車重 138kg

1998年にデビューしたDトラッカーシリーズ。
DトラッカーXは、よりオンロードを意識した作りとなっている。
しかし軽やかな車体と、吹けのよいアクセルはとても力強いものがある。

2016年に日本向けの生産が終了したが、
海外では未だに販売されている。


・WR250R/ヤマハ(現行モデルあり)

総排気量 249㏄
エンジン 水冷4スト単気筒
燃費 34km/L
馬力 31
車重 132kg

オフロード車のYZF-R1を目指して作られた完全新設計。
トレールモデルとしては初のアルミフレーム採用などヤマハの本気度も高い。

事実オフロード車最高の馬力31PSを誇る。
それでいてセロー250のエンジンより軽いという。
正しく最先端をいくオフロード車。

モタードモデルWR250Xもリリースされており、
こちらはより街乗りがしやすいモデル。

ビッグスクーター

・PCX150/ホンダ(現行モデルあり)

総排気量 152㏄
エンジン 水冷4スト単気筒
燃費 52.9km/L
馬力 14
車重 131kg
シート下容量 25L

PCX125が有名なのでビッグスクーターと言われると違和感はあるが、
150㏄以上なので自動二輪にあたる。

車体サイズは125と同じでエンジンをボアアップしている。
25㏄の差しかないように思えるが、乗り比べると確かに力強く、加速や最高速なども明らかに違う
125㏄では乗れない高速に乗れるのも恩恵が大きい。


・フォルツァ/ホンダ(現行モデルあり)

総排気量 248㏄
エンジン 水冷4スト単気筒
燃費 43km/L
馬力 22
車重 201㎏
シート下容量 53L

2000年にフュージョンの後継機種として登場し、
2005年の時点で3万台を売り上げた。

フォルツァの意味はイタリア語で「力強さ」
その名の通りどの回転域でも力強いパワーを発揮してくれる。

今現在はフォルツァSiのみ生産している。


・マジェスティ/ヤマハ

総排気量 249㏄
エンジン 水冷4スト単気筒
燃費 40km/L
馬力 24
車重 138kg
シート下容量 60L

ビッグスクーターの中でもラグジュアリー感漂うデザインとなっている。
高級セダンのような佇まいだ。

しかし走りもスポーティーで、シート下の容量も60Lと大きい。
(フルフェイスのヘルメット2つ入れても余裕がある)


・マグザム/ヤマハ(現行モデルあり)

総排気量 249㏄
エンジン 水冷4スト単気筒
燃費 37km/L
馬力 20
車重 201kg
シート下容量 約34L

ビッグスクーターの一番大事とされる乗り心地を極めたのがマグザム。
特にタンデム時の乗り心地に力を入れており
二人乗りで長距離ツーリングも楽々こなす。

マジェスティと比べるとシート下容量が少ないのが難点だが、
二人乗りメインで考えている人は絶対にこちらをお勧めする。


・スカイウェイブ250/スズキ(現行モデルあり)

総排気量 249㏄
エンジン 水冷4スト単気筒
燃費 39km/L
馬力 26
車重 214kg
シート下容量 63L

ビッグスクーターの中でもトップクラスの馬力を持ち、とても速い。
シート下容量も大きく使い勝手も良い。

個人的になデザインも一番バランスが取れていてかっこよい。
1998年に発売されて以降のロングセラー車種であり、ファンも多い。

スポンサードリンク

“【車検無し】250㏄人気おすすめランキング【最新版】” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。