初心者のバイクカスタム!カスタム手順や種類を解説!


スポンサードリンク

バイクをカスタムしたい!けれど何からしたらいいのか分からない・・・。という方も多いかと思います。

今回は初心者でも出来るバイクカスタムの種類や手順を解説します。

自分のバイクをどのようにカスタムしたらよいか迷っている方はぜひ最後までお読みください!

スポンサードリンク

よく初心者の方は「バイクのカスタムはどこからやったほうがいいの?」「順番はあるの?」などといった質問をされます。

icon-point2-1-r結論から言うと順番はありません。好きなところ、気になるところからカスタムしていって大丈夫です!

乗っていて音を変えたいなと思ったらマフラーから。明るくしたいなと思ったらヘッドライトから。

気になるところから変えてやればいいんです。

個人的には変化が大きいところから始めると面白くていいですよ。
(マフラー、フェンダーレス、ヘッドライト、ステッカー等)

どーせカスタムするのなら「かっこよくなったなー」とすぐ実感したいですよね。


icon-point2-2-r完成形をイメージしながらカスタムしていこう!

ヤンチャな見た目にしたい!走り屋みたいな見た目にしたい!などカスタムの方向性は各々違いますよね。

出来上がりのイメージをネットや雑誌で調べ、より自分好みのカスタムをしたほうがいいです。

クールな外観にしたいのに、かわいい系のカスタムしてもしょーがないですよね。。

無駄な出費をしないためにも、こういう感じにしたいなというイメージは最初に持った方がいいですよ!


icon-point2-3-r

自分でやる場合はパーツが適合するかちゃんと調べよう。

カスタムといっても簡単なのは自分で出来ます。というかやってみましょう。

その際に大事なのはパーツが自分のバイクの型式やサイズに適合するかちゃんと調べること。

適合しなかった場合痛い出費になるのでネット等で必ず調べて買いましょう。

種類

ではカスタムにはどんな種類があるのかを解説していきます。

誰もがやっているような定番なカスタムから、マイナーなカスタムまで一つずつ見ていきましょう。

まずは初心者でも出来るような定番カスタムから見ていきましょう。

マフラー

チタンマフラー

カスタムの大本命と言えばやっぱりマフラーが一番最初に来るかと思います。

バイクは音が命!って思っている方が多いのも事実です。

また有名どころのメーカー(ヨシムラ、SP忠男など)のマフラーだと音が変わるだけでなく、バイク自体のパワーも上がります。

見た目、音、パワーと三拍子揃っているのがマフラーを変える理由ですね。

個人的にもカスタムをするならまずはマフラーからでも良いと思います。

ただ純正のマフラーが好きなら急いで変えることもありません。

変化が欲しいなと思った時に変えてみましょう。違うバイクに乗った感触になるのでマフラーひとつでここまで変わるのか!と驚きますよ!

人気メーカー:ヨシムラ、SP忠男、OVER、アールズギア、モリワキなど。

電装類

ws000268

HIDのヘッドライト

こちらも定番のカスタムですね!ライト系は初心者でも結構簡単に交換出来ます。

今は色も豊富なので自分独自のバイクになります。

電装系といってもいろいろあります。

①ヘッドライト
②車幅灯(ポジションライト)
③テールライト
④ウインカー

純正のヘッドライト等は基本黄色っぽい橙色ですが、HIDやLEDの白色に変えるのが定番です!

白色に変えるだけでも古っぽさがなくなり一気にかっこよくなります。

夜に走ればまた違った雰囲気になりますよ。

人気メーカー:スフィアライト

フェンダーレス

ws000266こちらもド定番のカスタムの一つですね。

フェンダー=泥除けのことです。

バイクの後ろにある(ナンバーの上らへん)板のことです。

これを文字通りフェンダーレス=泥除けを取るってことですね。

リアから見たときにすっきり見えかっこよくなります。

全然印象が違うので初めてのカスタムにもってこいです。

フェンダーレスキットも出ているので、初心者でも簡単に交換出来るのもいいですね。

人気メーカー:デイトナ、アクティブ、キジマ

ステッカー類

貼るだけなので誰でも出来るカスタム。

一番人気はリムスッテカーですね!

ホイールのリムのところに自分好みの色のシールを貼ることが出来ます。

バイク本体の色に合わせるも良し。あえて反対の色にするも良し。センスが問われるところ!

お手軽なのでぜひ試してください!


またフルカウルのようなバイクでしたら車体本体に色々なステッカーを貼ってもOK!

モンスターエナジーのステッカーは大人気ですよね。

その他にも好きなキャラのステッカーでも良し。

とことん自分の個性を見せつけてやりましょう!

タンクパッド

 

服のチャック等からタンクの傷を守ってくれるのでカスタム目的ではなくても付けた方が良い。

多種多様のデザインが出ているので個性を見せられるところでもあります。

ハンドルエンド・グリップ

定番のカスタムかつ個性が出ますね。

グリップを厚みのある物変えれば手の負担を軽減し、スポーツタイプのグリップを付ければ握りやすくなります。

バーエンドは重いものに変えれば振動が軽減します。

自分好みの色や材質に交換出来るのはもちろんですが、こういったメリットがあるのも人気の一つ。

六角レンチ等があれば簡単に交換出来るので初心者にもおすすめです。

バイクのハンドル径のサイズをしっかり調べないと適合しないので注意が必要です。

人気メーカー:キジマ、プログリップ

ブレーキ・クラッチレバー

ブレーキレバーとクラッチレバーを交換する簡単なカスタムの一つ。

また二本指でブレーキやクラッチを握る人用にショートタイプもあります。

色や材質も多種多様なので、グリップやバーエンドに色を合わせてあげるとよりかっこよくなります。

人気メーカー:キジマ、デイトナ

ミラー

デザインやミラーの大きさも様々なものがある。

一番人気はやはりショートミラーですかね。

またウインカーと連動したLEDウインカーも人気。

たかがミラーですが見た目も変わります。

交換も簡単なので初心者にもおすすめ。

人気メーカー:ナポレオン、キジマ

 

スクリーン・ビキニカウル

Ninja400スクリーンミラーに変更

 

CB400SFビキニカウル装着

 

見た目を大きく変えたいのであればスクリーンやビキニカウルを付けましょう。

ネイキッドやアメリカンなどに、ビキニカウルを付けてあげるとまた違ったバイクになります。

元々スクリーンが付いている車種などは、ミラースクリーンやスモークスクリーンに交換してみましょう。

もちろん見た目が変わるだけではなく風防としての機能も上がるものもあります。

車種専用に作られていることが多いので、初心者でも簡単に交換や取り付けが出来ます。


上記は初心者でも出来るカスタムです。

わざわざお店に頼まなくても出来るものばっかりなので自分でやってみましょう。

上級者のカスタムについてはまた違う記事で解説していきます。

まずは簡単な上のカスタムからやっていきましょう(^^)/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。