バイクの排気量別の税金一覧【最新版】


スポンサードリンク

バイクの排気量別の税金や、いつ頃税金を支払わなければいけないのか?といった疑問をまとめてみました。

これからバイクを購入する人や売却する人はぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

バイクの税金は「軽自動車税」「重量税」に分けられます。

軽自動車税

軽自動車税は車やバイクを所有しているだけで必ず取られる税金です。

基本排気量関係なく徴収されます。

4月1日時点でバイクや車を所有している人に対して課税されます。

そのためもしバイクの売却を考えているのであれば3月中にバイクを手放した方がいいです。

個人売買などでバイクを売る際は、4月1日までに書類等の変更をしていないとバイクがないのに課税されるので気を付けましょう。

重量税

自動車検査証の交付を受ける者に課税されます。三分の一は道路工事などに充てられる税金ですね。

バイクの場合排気量125ccを超えるものに対して、排気量別に課税されます。

また400cc以上の大型バイクだと初年度の経過年数に応じて重量税が変わるので注意が必要です。

いつ支払うのか?

軽自動車税の納付書見本

軽自動車税・・毎年4月中には必ず上の画像のような納付書が届きます。コンビニや銀行のATMから支払いが可能です。納入期限は大体5月までです。

 

重量税・・250cc以上は主に車検時に支払います。125㏄~250ccは新車購入時に一度だけ支払います。

税金一覧表

区分 排気量 重量税 軽自動車税
原動機付自転車 50㏄以下(原付1種) 0円 2000円
50㏄~90㏄(原付2種) 2000円
91cc~125cc(原付2種) 2400円
軽二輪 126㏄~250㏄(普通二輪) 4900円 3600円
二輪小型 251㏄~400㏄(普通二輪) 4900円 6000円
二輪大型 401㏄以上 年1900円(登録後12年まで) 6000円
年2200円(登録後13~17年)
年2500円(登録後18年以上)

平成28年よりバイクの税金は値上がりしました。上記は排気量別の最新版の表です。(記事内容は突然変わることもありますのであくまで参考にしてください。)

原動機付自転車の軽自動車税なんか倍近く上がっています・・・。

これに伴いバイクの維持費も上がりそうですね。

こちらにバイクの年間維持費のまとめも載せておきます。参考にしてください。

二重課税問題

自動車重量税は、軽自動車税と同様に「自動車の保有」に対して課税されるため、自動車重量税と軽自動車税は課税原因が同じで、二重課税と見なすことができることから、自動車業界からは自動車重量税の廃止を求められている。

バイクや車離れが起きるのもこういうことから来ているんでしょうね・・。バイク乗りとしては迷惑な話ですよね。

また普段何気なくガソリンを入れていると思いますが、ガソリンも二重課税とご存知ですか?

(ガソリン自体の価格+石油税+ガソリン税)×消費税(0.8)=消費者が払うガソリン価格

これ何気なく結構えげつないですよね?ガソリン税が掛かっているところに消費税掛けていますから。

ガソリン自体の価格に消費税だったら分かるんですけどね・・。

そういう理由でガソリンスタンドは実はガソリンだけ売ってもそんな儲けがないんですよ・・。(オイルや洗車などよく押し売りされませんか?笑)

 

まぁなるべく早くこういう二重課税は見直して欲しいところですよね。

スポンサードリンク

“バイクの排気量別の税金一覧【最新版】” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    その余りそうなお金をco2削減に使って、もっとバイク乗りやすい環境にならないかな
    バイク良いとこいっぱいあるのに廃盤になってくの悲しーっす

  2. たしかに道楽 より:

    参考になりました。実は、原付の軽自動車税が900円の頃に収めてました〜。でも、復帰です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。