【GSX250R】性能(スペック)や最高速,価格など!


スポンサードリンク

SUZUKIから2017年4月に250ccフルカウルのGSX250Rが遂に登場!

カワサキのNinja250やホンダのCBR250RR、ヤマハのYZF-R25などのライバル車と言える。

気になる性能(スペック)やデザイン、価格などを徹底検証したいと思います!

スポンサードリンク

4月に発売されるカラーは上記の3種類。<価格52万7,040円(税込み)>

GSX250Rのコンセプトは「街乗りにおける日常的な扱い易さを持つ、スタイリッシュなスポーツバイク」

また開発者は「一目見てめちゃくちゃかっこいい!」と思ってもらえるように作りこんだデザインなのだとか。

そのため元々の土台はGSR250だが、GSR250より5kg軽く、また同じフルカウルモデルのGSR250Fより11kg軽量化に成功している。

なおかつ大柄でがっしりしている印象に仕上がっている。
正しく街中で乗りやすいフルカウルバイクに仕上がっているのが特徴。

フロント

 

LEDを採用

フロントから見ると分かるが、NINJA250などと違い単眼の異型ヘッドライトを採用している辺りがSUZIKIらしい。
個人的には好きだが好みが分かれるところかもしれない。

ポジションライトが純正でLEDなど細かな配慮もあり、純正そのままでもカッコよい印象。

GSX250R メーター周り

メーター拡大

メーターは昼夜問わず視認性が高いものを採用。
速度計や燃料計、タコメーター、オドメーターはもちろん、
時計やシフトインジケーター(ギアが今どの段階なのかを表示してくれる)も標準装備しているのが非常に便利。
またRPM(回転数)も装備しており最適なギアチェンジに役立つのだとか。

リア

リアからの車体もスッキリとしていて野暮ったくない。
テールランプにもLEDが標準装備されている。

ライポジ

ライポジは比較的ゆったりとした印象。

見た目とは裏腹にハンドルが比較的高く初心者や街乗りでも困ることはなさそう。


デザイン的には文句なくかっこよいですね。
スポーティーでありながら250ccとは思えぬ大柄で安定感がありそうです。
また他車にはない単眼ヘッドライトがスズキらしくて好感がもてます。

GSX250Rの持ち味に反してしまうが、よりSSっぽく見せるためにハンドルを低くカスタムしても似合いそうですね。

性能(スペック)

スペック一覧
全長/全幅/前高:2,085mm/740mm/1,110mm
シート高:790mm
装備重量:178kg
燃費消費率:41.0km/L(60km/h)
エンジン:水冷・4サイクル・2気筒/SOHC・2バルブ
最高出力:18KW<24PS>/8,000rpm
最大トルク:22N・m<2.2kgf・m>/6,500rpm
オイル容量:2.4L
燃料タンク容量:15L
ブレーキ形式(前後):油圧式シングルディスク
<より詳しくはこちら>

GSR250のエンジンをベースに改良し、低中速をより強化した新型エンジン。また新型スパークプラグの採用前後サスペンションの専用セッティング軽量ホイールなどGSR250のが元とは思えない改良がされている。

そのため最高出力24PS/8,000rpmはGSR250と同等だが、実測値としては僅かに上回っているそう。

また燃費がいいのも最大の特徴で燃料満タンで500km走ることも可能
燃料タンクが15Lあるのもこのクラスだとなかなかない。

加速,最高速

YouTubeの動画ですが加速や最高速が分かりやすいので載せておきます<既に削除されていたらすみません。>

こちらの動画だと0-100kmが約8秒<動画3分30秒~>。
まぁまぁの加速ですね。音も二気筒とは思えぬレーシーな印象。

最高速は139kmまで確認出来ます。
120㎞後半からは少し伸びが苦しそうですがそれまでは滑らかに加速していくのが見て取れます。

サーキットでの使用を考えている方にもお勧めできますね。少なくとも同クラス(Ninja250など)に遅れを取ることはないでしょうね。


デザインやスペックから見ても上出来のバイクですね。なにより価格<52万7,040円(税込み)>が国内4メーカーの中では最安です。
ABS付きモデル(+5万円ほど)もいずれ発表されるでしょう。

これで国内メーカーで250ccフルカウルがすべて登場しましたが、迷っている方は一番最後のGSX250Rで他者と差をつけるのもありなのでは?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。