バイクこそABSは必要!ABSの性能や仕組み!


スポンサードリンク

バイクにABS(アンチロックブレーキシステム)は必要なのか?

最近のバイクはABS付きとABS無しが売られていることも多いですよね。

購入する際に迷われる方も多いと思います。

あるとないではどう違うのか?を実際に乗った感想を踏まえつつ述べていきたいと思います。

スポンサードリンク

2015年に国土交通省がバイクのABSの義務化を発表しました。
バイク事故の減少の改善のためだそうです。

その内容をまとめると以下の通りです。


・新型車は平成30年(2018年)10月から、
継続生産車は平成33年(2021年)10月から、
126㏄以上のバイクはABSを装着すること。

また125㏄の原付二種は、
「ABS」か「CBS」のどちらかを付けること義務付けしました。


少し分かりづらいですが、新車販売のバイクに限るようです。

つまり今乗っているバイク(ABS無し)が
2018年10月になったからといって
乗れなくなる訳ではありませんので安心してください。
まぁそれはそうですよねw

ではバイク事故を減らすと言われている
ABSの仕組みを見ていきましょう。

ABSとは?

ABSとはアンチロックブレーキシステムの略です。

ABSの特徴は主に二つです。

①タイヤのロックを防ぎ「制動距離」が伸びるのを防ぐこと。

②その間ステアリング操作を可能にすることです。


まずはこちらの動画をご覧ください。

ABS付きと無しのバイクの比較動画です。路面はウェットな状態を想定しているみたいです。

ご覧になりましたか?

では①から説明しますね。

ロックを防ぎ「制動距離」が伸びるのを防ぐ

ABSの最大の役割は何といってもタイヤがロックするのを防ぐことです。

ブレーキは本来ブレーキローターやブレーキドラムとブレーキパッド等に摩擦を生じさせ、そこからタイヤと路面の間に摩擦力を生み出すことによって止まります。

しかし路面が濡れている場合や凍結している場合、そして急ブレーキなどの場合は、この摩擦力を生み出せないため、タイヤはロックしスリップします。

ABSはタイヤがロックしていると感知したら、自動でブレーキの油圧を下げてくれる役割があります。

そうすることによってタイヤと路面の間にトラクション(駆動力)が復活し操作が可能になります。

教習所で習うポンピングブレーキというものがありますよね?

要はタイヤがロックしないギリギリのところで、ブレーキを押したり離したりしていると考えてもらっていいです。

注意点としてABSがついているとからといって「制動距離」が短くなる訳ではないです。

スリップしないためその分早く止まれるという認識がいいでしょう。

(当たり前ですがスリップしたバイクはどこまでも滑っていきますw)

ステアリング操作を可能にする

ABSを作動させる要因として、路面凍結や急ブレーキが多いかと思います。

その場合もしロックしたままだと前方車両や障害物などを避けられません。

しかしABSが効くことによってタイヤと路面の間にトラクション(駆動力)が復活し操作が可能になります。

障害物や人を避けたりし事故を未然に防げるかもしれないということです。

バイクのABSの性能

実を言うとバイクにABSが付き始めたのは割かし最近の出来事なんですよね。

車が10何年以上前から標準装備にもかかわらずバイクには付いていなかったんですね。

じゃあバイクのABSの性能ってどうなの?って思われる方も多いと思います。

バイクのABSは超初期の頃が機械式ABSでした。(はっきり言って性能は微妙。ホントにABS効いてるの?って感じでしたw)

数年前からは電子制御式ABSに変わりました。

結論を言うと電子制御式のABSはかなり高性能です。

GSR750ABSに一時期乗っていたのですが、急ブレーキをかけてピタッと止まれることはもちろん、サーキットのようなシビアなブレーキング時も邪魔をしません。

バイクでの急ブレーキは本当に恐いですが、電子制御式ABSはマジでロックせず止まってくれます。

機械式ABSが不評だったばっかしに「バイクのABSはあんまり意味がない」というイメージが強い人もいますが、現行モデルに付いている電子制御式ABSは何ら違和感等ないので安心してください。

ABSを後付け

「今乗っているバイクにABSを付けたい!」と考える人も多いかと思いますが、

結論を言うとABSは後付けや外部から付けるってのは出来ません。

100万円以上かけて全て変える気持ちなら分かりませんがねw
ABSは基本車種専用に作られております。
それぐらいABSユニットは組み立ても複雑でシビアな機械でもあります。

残念ながら素直に乗り換えた方が安く済みますね。

ABSのデメリット

ここまでABSのメリットを挙げてきましたが、
デメリットがない訳ではありません。

ABSのデメリットを挙げるならば、以下の二点だと思います。

①ABS付き車両は5万円程度高くなる。

②ABSユニットが故障した場合、修理費が高くつく。


①に関しては、皆さんご存知かと思われますが、
中古でも現行の新車でもABS付は、数万円高いです。
しかし、数万円で最大の安全を買えるとなれば、個人的には安い物だと思います。

②に関しては、あんまり聞いたことはありませんが、
(普通に使っている分には、そうそう壊れない機械です)
調べてみると故障した場合、10万円程度かかる事例もありました。

やはり精密な機械なので、もし故障した場合のリスクは高そうですね。

バイクでこそABSの理由

①二輪であること。

②エンジンの割に車体も軽く、加速や速度も出やすい
(パニックブレーキを起こしやすい)


四輪と違い二輪はスリップしたら即転倒と思ってもらっていいです。

ある程度速度が出ている状態でスリップしたら自分もろともバイクごと滑っていきます。

ABSがあるないだけでバイクの事故はかなり防げると思います。
(バイク事故の基本はパニック(急)ブレーキですからね)

自分がいくら安全に走っていようが一般道では飛び出しなど多々あります。

バイクで加速している最中に飛び出しなんてのもザラです。

そうなると運転が上手い下手関わらず急ブレーキをかけざるを得ないんです。

その瞬間ABS無しでは即転倒という結果になってしまいます。

バイクにこそABSが必要な理由分かってもらえたでしょうか?

スポンサードリンク

“バイクこそABSは必要!ABSの性能や仕組み!” への2件のフィードバック

  1. 山本アケミ より:

    バイクに乗ってまだ6年ですが、最初ABSをエアバックと勘違いして、バイクにエアバックか?
    なんてことでしょうね(*_*)
    この説明のお陰でよーくわかりました。
    ありがとうございますm(__)m

    • popai より:

      お役に立てたようで良かったです^^

      バイクもどうにかしてエアバッグ欲しいですよね。笑
      確かエアバッグ付きバイク用ジャケットならありましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。