【バイク】400㏄の人気おすすめ車種!【最新版】


スポンサードリンク

普通自動二輪免許で乗れる400㏄の人気おすすめ車種をまとめてみました。

旧型~現行モデルまで!400㏄を買おうとしている方はぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

・どこに行くにもパワーは十分。

・中型免許で乗れる最高の排気量。

・高速も乗れる。

・車検のおかげでメンテナンスされている中古車も多い。

400㏄のデメリット

・二年に一回車検がある(手間がかかる)

・長距離ツーリングだと少しパワー不足か。

・趣味性の高い乗り物なので維持費(税金、保険、整備費)がそこそこかかる。


バイクは400㏄からパワーも車体も大きくなり、グッと面白みが強くなります

趣味で乗るならば400㏄は欲しいところですね!

中型免許で乗れる最高排気量だけあって、昔から日本では一番人気のクラスです。
そのため色々な車種があり、また中古市場も大きいのが特徴です。

それでは早速タイプ別におすすめ車種をご紹介します。

フルカウルスポーツ

CBR400R/ホンダ(現行モデルあり)

総排気量 399㏄
エンジン 水冷直列2気筒
燃費 39.7km/L
車重 192kg

水冷直列2気筒エンジンを備え、最高出力46馬力を持つ。
(現行の400㏄フルカウルスポーツでは最高馬力)

街乗りで使う低中速域はトルクフルで使いやすいのはもちろん、
高回転までよく回るエンジンになっている。

ハンドルも比較的高く初心者や女性にもお勧めできる。


YZF-R3/ヤマハ(現行モデルあり)

総排気量 320㏄
エンジン 水冷直列2気筒
燃費 34.6km/L
車重 169kg

ヤマハの人気車種YZF-R25にボアアップを施した兄弟車。

320㏄ながら最高出力42PSの素晴らしいエンジンを持つ。

ボディは250㏄クラスなので、169kgという軽量。
そのため加速が鋭く、パワーウェイトレシオは、驚異の4.02。
(ninja400やCBR400Rより上)

ninja400やCBR400Rに遅れをとることは決してない。
発売されたばかりなので、他者と差を付けられるのも◎


Ninja400/カワサキ(現行モデルあり)

総排気量 399㏄
エンジン 水冷並列2気筒
燃費 37.5km/L
車重 209kg

ER-6f(大型)の車体を流用しているため、大きくマッシブ感がある。

スタイリングも攻撃的でかっこよい。
デザインに惚れる人も多いだろう。

エンジンはER-6fの縮小版だが、低中速はトルクフルで扱いやすい。
高速でもどっしりとした車重と相まって安定性も高い。

近年の中型フルカウルスポーツの、人気の火付け役はNinjaシリーズと言ってもよく、ファンも多い。

ひとつ前のモデルNinja400Rもかっこよく、中古になるが安価なのでおすすめ。


フルカウルまとめ

近年の中型フルカウルロードスポーツ車の人気はすごいですね。

何といってもデザインがどれもかっこいいことが理由の一つですね。

またフルカウルだが、ハンドルも高く初心者や女性にも乗りやすくなっているのが特徴ですね。

エンジン性能にそこまで差異はないので、
フルカウルに乗りたいのであればデザインで選んでみてもいいと思います。

ネイキッド

ZRX400-2型/カワサキ

総排気量 399㏄
エンジン 水冷直列4気筒
馬力 53
車重 186kg

2008年に排ガス規制により生産が中止したものの、圧倒的なデザインと走りやすさから今なお中古市場では人気が絶えない車種である。

ゼファーと違いどちらかというと、走りに重きを置いておりビキニカウル装着モデルもある。

1型は年数的にいい物が残っていないので、2型がおすすめ。


CB400SF/ホンダ(現行モデルあり)

総排気量 399㏄
エンジン 水冷直列4気筒
馬力 53
車重 197㎏

1992年に発売された以降、今も現行モデルとして発売されているロングセラー。

教習車に採用されていることも多く、乗りやすさ、走りやすさはピカイチ。

しかし初心者専門ではなく、走りのパフォーマンス力は高く、
熟年ライダーでも楽しめる最強の一台。

ホンダ自慢のVTECを味わうことが出来る。
VTECは乗った者しか分からないほど気持ちがいい。

現行モデルもいいが、キャブ車最後のスペック3は今なお中古市場で人気である。


CB400SB/ホンダ(現行モデルあり)

総排気量 399㏄
エンジン 水冷直列4気筒
馬力 53
車重 200㎏

2005年に登場して以降SFに続き大人気車種となっている。

スーパーフォアをロングツーリング向きにしたものです。

主な変更点は、以下である。

・ハーフカウル

・角型マルチリフレクターヘッドライト

・左右カウル内側の約1Lの収納スペース


ZEPHYRχ/カワサキ

総排気量 399㏄
エンジン 空冷並列4気筒
馬力 53
車重 208kg

ネイキッドバイクの産みの親であり、ネイキッドブームの立役者でもある。

空冷4発のエンジン音はバイク好きにはたまらないだろう。

中古市場では希少価値ゆえ値上がりが続いている。

2008年を最後に生産が終わっており、あまりいい玉が残っていないのも現実。

しかし今後このようなバイクは生産されないので、乗るなら今かもしれない。


XJR400R/ヤマハ

総排気量 399㏄
エンジン 空冷並列4気筒
馬力 53
車重 198kg

2008年に排ガス規制のため生産終了。しかし中古市場では未だに人気車種の1つである。

「空冷最速ネイキッド」としてデビューし当時は絶大な人気を誇った。

走りのポテンシャルも高く、今なおその価値は薄れないでいる。


GSR400/スズキ(現行モデルあり)

総排気量 399㏄
エンジン 水冷並列4気筒
馬力 61
車重 210kg

ストファイ系と言われる、異型ヘッドライトを採用し、
2006年のデビュー以来人気車種に躍り出た。

2009年に排ガス規制に対応した新モデルを発表したが、
まさかの61馬力という驚異的な数値を出した。(400㏄クラス最高)

GSX-R600のエンジンをベースに開発されたエンジンだけあって、
高回転型の400㏄最速エンジンである。

その反面低回転時はトルクが薄いなどと言われているが、
バリバリ攻めたい人にはお勧め出来る車種である。


GSX400インパルス/スズキ

総排気量 398㏄
エンジン 水冷直列4気筒
馬力 53
車重 187kg

スズキがかつて販売していたネイキッドバイク。(2008年生産終了)

当時は人気があり、ヤマハのXJR400のライバルと言ってもいい。

中古市場も人気で玉数も豊富だが、程度がいいものは少なめである。


INAZUMA(イナズマ)400/スズキ

総排気量 398㏄
エンジン 水冷直列4気筒
馬力 53
車重 187kg

バンディットシリーズの後継として一時期発売されていた車種。

シンプルなネイキッドスタイルは万人受けした。古い車種なので良い玉はあまり残っていないが、人と被るのが嫌な人は十分に乗る価値はある。


MT-03/ヤマハ(現行モデルあり)

総排気量 320㏄
エンジン 水冷直列2気筒
燃費 34.6km/L
馬力 42
車重 165kg

大型クラスで大人気の兄貴分MT-07の兄弟車である。
「大都会のチーター」というコンセプトで生まれたストファイ系のネイキッド。

YZFシリーズと同様のエンジンを用いており、軽快に、
かつパワフルに走れるように設計されている。

アップライトなバーハンドルは乗りやすく操作性も◎


CB400F/ホンダ

総排気量 399㏄
エンジン 水冷直列2気筒
燃費 39.7km/L
馬力 46
車重 190kg

CBR400Rと同様のエンジンとボディを流用。ストファイ系のネイキッドスタイル。

あまり人気がないためか生産終了が発表されたが、
2気筒エンジンで燃費もよく、街乗りでもストレスフリーだろう。

古いタイプのネイキッドが嫌いな人にはお勧め出来る。


グラディウス400/スズキ

総排気量 399㏄
エンジン 水冷90℃Vツイン
燃費 40.0km/L
馬力 55
車重 206kg

クラス唯一のVツインエンジンを搭載。

アメリカンの様な鼓動感を楽しめて、低回転から力強いトルクを味わうことが出来る。
かつ高回転もハイリフトカム採用でしっかり回せるように作られた新設計のエンジン。

欧州で絶大な人気を誇っており、スズキの本気度も高い。

街乗りからツーリングまで難なくこなす一台なのは間違いない。


ネイキッドまとめ

CB400SFのような4気筒エンジンの王道のネイキッドスタイルか、
MT-03のような2気筒エンジンの近未来ネイキッドスタイルか、
かなり迷うところではないでしょうか!

400㏄ネイキッドは正しく激戦区ですね。

迷っている方は自分の好きなスタイルを選んだ方がいいと思いますよ!

アメリカン

スポーツタイプと人気を二分するアメリカン。

アメリカンは別の記事にまとめたので↓のボタンからご覧ください。

 アメリカン

アドベンチャー

400X/ホンダ

総排気量 399㏄
エンジン 水冷直列2気筒
燃費 39.7km/L
馬力 46
車重 194kg

積載性などに優れ長距離ツーリングに向いているのがアドベンチャー(=冒険)

ホンダ400Xは400㏄クラス唯一のアドベンチャーモデル。

CBR400Rと同じエンジンを持ち、スクリーンも万全なのでツーリングも楽々。

400㏄で快適にツーリングをしたい方におすすめだ。

オフロード

DR-Z400SM/スズキ

総排気量 398㏄
エンジン 水冷4スト単気筒
燃費 39.7km/L
馬力 40
車重 133kg

400㏄のオフロードで唯一の人気車種といっても過言ではない。

特に海外での人気が強く、未だに生産が行われている。

ジムカーナなどのオンロードスポーツにも使用されポテンシャルの高さが評価されている。

クラシック

SR400/ヤマハ(現行モデルあり)

総排気量 399㏄
エンジン 空冷4スト単気筒
燃費 41.0km/L
馬力 26
車重 174kg

30年を超えるロングセラー商品であり、オールドルックな見た目のファンは多い。

速さを競うバイクではなく、ずっと乗っていられる相棒の様なバイク。

バイク本来の見た目の美しさを保ちつつ、新しい性能が加わっている。

「レトロなのに新しい」がコンセプトだ。


CB400SS/ホンダ

総排気量 397㏄
エンジン 水冷4スト単気筒
燃費 32.0km/L
馬力 29
車重 159kg

SR400の対抗馬としてホンダがかつて販売していた車両。

2008年に排ガス規制の対応せず生産終了したが、中古市場では今も人気で値下がりしない。

オシャレな見た目は今も昔も老若男女問わず愛されている。


W400/カワサキ

総排気量 399㏄
エンジン 空冷並列2気筒
燃費 35.0km/L
馬力 29
車重 193kg

W650のエンジンの縮小版のため、車体や車重も少し大きめ。

しかし乗りやすさ向上のため、サスペンションを変更したり、シート高を低めにしている。

2008年に生産終了しているが、SR400やCB400SSと被りたくない人にはお勧めできる。

スクーター

スカイウェイブ400タイプS/スズキ(現行モデルあり)

総排気量 399㏄
エンジン 水冷4スト単気筒
燃費 32.0km/L
馬力 31
車重 223kg

2006年にデビュー後瞬く間に人気車種となったスカイウェイブ400

中でもタイプS(Sはスポーツの略)は、走りにもこだわりを持っている。

大柄な車両と積載性も文句なしで便利な一台になっている。

2015年からはABSも標準装備されている。


グランドマジェスティ400/ヤマハ

総排気量 394㏄
エンジン 水冷4スト単気筒
燃費 32.0km/L
馬力 31
車重 221kg

2016年に生産が終了されたものの、乗りやすさなどから今も人気がある。
(教習車に使われているところも多い)

国内では250㏄クラスの方が人気だが、海外では400㏄も人気が高い。

250㏄のマジェスティと比べパワーや高速での安定感は格段に上がる。


シルバーウイング400/ホンダ

総排気量 398㏄
エンジン 水冷4スト2気筒
燃費 32.0km/L
馬力 31
車重 249kg

600㏄のシルバーウイングと同じ車体のため、大柄である。

普段の街乗りなどでは大きくて取り回しも苦労するが、
高速などでは抜群の安定感を誇る。

カスタムパーツも豊富でよりスポーティーな見た目にすることも可能だ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。